バイク保険とはどのような保険なのか

バイク保険とはその名の通り、バイクの保険のことです。自動車保険と同様、バイクを運転する上で必要な保険の総称とされていて、バイクを運転する際に加入が義務付けられている自賠責保険と、自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償するための任意保険の2種類があります。普通、バイク保険と呼ばれているものは任意保険を指しています。

もちろん任意保険は本人の意思ですので加入しなくてもバイクを運転することはできます。しかし加入を義務付けられている自賠責保険は、事故相手の身体影響を及ぼした場合の補償であり、死亡時や後遺障害、傷害など、事故の被害者に加害者から支払われるものであって、自分の身体やバイクなど相手側の車両も含めて、補償内容には入っていません。
事故を起した場合は相手を怪我させるだけではなく、ぶつかった車両同士も破損しますし、自分も怪我を負うかもしれません。自損事故なども含めれば、自分の怪我やバイクの破損など、補償はできるだけ多いほうが良いということです。

しかしながら、バイク保険の加入率は自動車保険の加入率よりもかなり低いというのが現状です。自動車保険での任意保険は対人や対物、自損など様々な任意保険に加入していることはあっても、バイク保険は任意保険に加入していないという人が多いということです。自動車のように身体が車のボディで覆われていないのですから、ちょっとした事故でも怪我をするという恐れは多いはずです。
自動車ならば電柱にちょっとボディを擦った程度なら、怪我をするということもありませんし、車の修理も傷が付いただけで放置している人も多いでしょう。しかしバイクだったならば、電柱に接触したことによりバイクが転倒し怪我をすることもあります。バイクは横転しミラーなどが壊れることもあるでしょう。
このようにバイクのほうが明らかに怪我や破損が多いにもかかわらず、バイク保険の認知度は低いということなのです。

最近では大型バイクを週末に運転するという人が増えてきています。若い頃バイクに憧れていたけれど大型バイクは価格も高いため手を出せなかったという人達が、年をとってお金にも余裕が出てきて、趣味として高級大型バイクを休日に乗っているという人が増えてきたからです。
また一方では、250CCを超える大型スクーターが若者に人気となり、あちこちで見かけるようになりました。このようにバイク需要が増えるとバイクによる事故も多発してきます。万が一バイクで事故を起してしまった場合、任意保険に加入していないと、相手のバイクや車に損害を与えてしまった賠償を全て自分で負担しなければなりません。また自分自身が怪我を負ったり自分のバイクに損害が出た時も、それらの費用を全額自分で負担しなければならないのです。
バイク需要が高まっている今、休日にしか運転しないからとか、短い距離しか運転しないからと任意保険への加入を怠っていると、事故を起してしまったときの負担が高くなってしまうということを覚悟しておかなくてはなりません。万が一の時のために、バイク保険の任意保険を理解し加入しておくことをお勧めします。